平野真一

まが玉 「 55歳 平野真一 」 娘の書き初めを観て思うこと

2021.01.26

皆様

お世話になっております。

 

TAPSECONDの平野真一です。

外出して飲酒等の食事が出来ないので、家に居ます。

先ほどからリビングの壁に貼ってある娘の「書き初め」を観て、うまいと思わないが味があると感じながらチビチビと「ウイスキーの響」をロックで飲んでいます。

今年の題は「まが玉」でした。

書き手によって書き方にも色々あります。

観ている時も色々な場面があります。

ちなみに、まが玉について色々な説明がありますが、その一つが下記の内容です。

***

様々な厄災から、持ち主を守るお守りです。

不幸の流れを断ち、幸運が入り込みやすいようにします。

持ち主が幸運を掴むまで、絶えずエネルギーを与え続けるでしょう。

***

この説明から『家族の中では「私がまが玉」だな!!』と思いました。(笑)

少し酔い過ぎたので、ミルク入りのコーヒーを飲んで、マッタリしていると私の芸能について思いが膨らみました。

***

芸能により感動させる。

芸能に関わる者は観客者に感動のエネルギーを与え続ける。

私は芸能界の「まが玉」に成りたいなあ!

今、新型コロナウィルス禍だから、演劇で感動させたいなあ!

***

生意気な過大な妄想でした。

 

さて、今回の話題、どうでしたか!?

芸能界での活躍を目指している皆様と共に向上したいです。

今後とも、お付き合い、宜しくお願いします。

 

平野真一(元気バリバリ!オロナミンSHIN)