齋藤健一郎

おじさんと唐辛子

2021.09.04

おはようございます。齋藤健一郎です。
老い先短いおじさんの畑仕事は刺激的な作物を好んで作るのです。
辛めの唐辛子を買うと値段が意外と張ります。
辛い物好き、そして辛い物苦手な私は自分で育てると言う選択をしました。
実際よく食べていますが、本当に辛いです。辛いは辛いとも(つらい)読みます。眉間にしわを寄せてこれからの人生を考える振りをして辛さに耐えるのがたまらないのです。辛い、そして美味いのです。
難点は猫の額ほどの畑に出ると、3秒ほどで全身を隈無く蚊に刺され、かゆいとか、そう言う事ではすまされないくらいの事に成ります。にやにやするほどかゆいです。身の危険を感じます。
収穫した唐辛子はニンニクと共に醤油につけます。色々使えます。刺身にいいです。餃子にいいです。そして私はまたにやにやするのです。