杉本光洋

【ハニー・バケツ・ジャグリング】

2022.02.27

春が近づいている今日この頃

いかがお過ごしですか?

タップセカンド所属杉本光洋です。

 

さて、今日は少しだけ昔話をしたいと思います。少し長いので飛ばし読みしてくださいね!最後まで読んだ貴方は素敵☆♪♪

 

 

僕の人生の中で

学生時代、笑いに命をかけた

忘れられない友が居た。

 

その名も「西山太陽(仮名)」である。

※上記の名前は仮名です!!

※実際にはそんな名前の人は居ません!!

 

人を笑わせる為に自分が傷つく事も恐れないその姿勢は、目を見張るものがあり。

彼は身近にいながらも、僕の手の届かない様な才能を持っている、、そんな人だった。

まさにエンターテイメーだった。

 

そんな、彼がある日

新しいパフォーマンスを思いついた

 

『ハニー・バケツ・ジャグリング』である。

 

僕は耳を疑った

僕「正気ですか?西山太陽(仮名)!?」

西「正気ですよ、人を笑わせる為なら無理もするのがエンターテイメントなのさっフッ(笑)」

僕「しかし!もし失敗しよう物なら貴方は‥!!

西「‥時に自分が汚れようとも、笑いに体を張る、、それが俺なのさ!!!イッツショータイム!!!」

 

そして、ある日の日曜日

関係者、同級生、友達を呼んで

エンターテイメントショウ

『ハニーバケツ・ジャグリング』が始まった

それは、文字通り

とあるハニーバケツの上に板を引いて

その板の上にボールを置き、更にその上に乗って、お手玉をするという

まさにジャグリングの王道と言うべきスタイルなのだ

が‥‥。

もし、ミスをして下に落下しよう物なら

そこには

身体の痛みではない、精神的な痛みを伴う

とてつもない地獄が待ち受けているのだ‥!!

ぼこぼこと沸き出すメタンガス、この世の物とは思えない異常な臭気、まさに阿鼻地獄!!その名前がふさわしい地獄絵図‥!!そして何故か沢山羽化しているカブトムシ(カブトムシの幼虫は牛のハニーバケツの中で良く育ちます(笑)ほかの虫もいますよ、ええ。)

そんな地獄だっ!!

そしてその上で彼はついに演技を始めた!

素晴らしい!

いったい何時何処で

練習していたのか!?

大方の予想を裏切り

華麗に演技、ジャグリングをこなす

「西山太陽(仮名)」

おおっー~という歓声と拍手が起こる中

彼は全ての演技を終えて、

満面の笑みで手を高く上げた

やりとげたのだ。

 

だがミスというのは、物事が上手く行って油断した瞬間に起きる物‥。

終わったと思い気が緩んだ瞬間!

足がもつれた。

 

その瞬間はVTRのスローを見ている様な感覚だった

その日一番の満面の笑顔をした彼は、

ゆっくりと、だが確実に、

穏やかな水面に落ちる、一滴の清らかな水滴のように

ハニーバケツの中とへ、堕ちて行った、

 

笑顔のままで。

 

その後の事はあまり覚えていない、、

(地獄から這い上がってきた「西山太陽(仮名)」が周囲の人間を巻き込んで引きずりこみ、共に地獄の住民にさせたとか知らないし(笑))

兎に角何らかのパニックがあって、皆まきこまれ地獄絵図が完成した事しか僕は覚えていないのだww。

 

 

そんな事など記憶の彼方に消え去っていた今日。

春の風が吹いた

緩風に乗って来る、懐かしき牛のハニーバケツの香り

思い出す懐かしきあの日の思い出

 

そうだ。

僕、彼が居たからエンターテイナーに

成りたかったんだ。

人を楽しませるために。

ふと、そんな事を思った

春が近い今日この頃。

 

 

 

この閉塞感が漂う世の中ですが、自分を知って今一度見つめ直すことで、新たな道が開けるかも知れませんね!何故、この道を進もうと思ったのかとか、そこに次なるステップに進むヒントがあるのかも‥。知らんけど(笑)

 

今回は長くなりましたが、ここまで読んでくれてありがとー♪また次回お会いしましょう!光クンがお送りしました!またね♪