杉本光洋

【バタフライエフェクト~とある人物の受難~】

2022.03.10

皆さん!おはようございます!

タップセカンド所属、杉本光洋です!

皆さんは

「バタフライエフェクト」

と、言う単語をしっていますか?

かいつまんで説明すると‥‥偉い学者さんのお話で

 

「蝶の羽ばたきで嵐は起こるのか」

 

と、言ったとか言わなかったとか、、そんな話だったと思います。※←ふわっとした感じ汗、学が無くてスミマセン(-_-;)ちゃんとした説明は各自で調べて下さいm(_ _)m※

 

で、何を言いたいかと言うと

 

蝶の羽ばたきで嵐が起こるかは知りませんが!!

蛾の羽ばたきで嵐は起こる事を知っています!!

そして、それに引き金を引く人物も‥‥

 

その名も‥「西山太陽(仮名)」

※上記の名前は仮名です!!

※実際にはこんな名前の人間は居ません!!

 

‥その日僕はとてもイライラしていた、なぜなら歯が痛かったからだ。

お昼ご飯を食べた辺りから異変には気が付いていた、だが、いかんせん歯医者と言うモノがとてもダルく感じている年頃。面倒クサイという言葉で片付けてしまった。

その判断が、現在の自分を苦しめている、時刻は20:30分、こんな時間に歯医者がやっている分けも無く途方にくれ、まさに後悔先に立たずな状態である。

 

そんな絶望中、僕の体の異変をハイエナばりの嗅覚でいち早く気が付き

チーターばりの素早さでここぞとばかりに、全力でからかってやろうと絡んで来た

猛獣の様な人物が居た。

「西山太陽(仮名)」その人である。

 

コンコン←部屋をノックする音

ガチャ←部屋のドアを開ける僕

西山「光くん、なにやらお辛い様で‥。ニヤニヤ」

何かを察する僕、細める目。

僕「‥正気ですか?西山太陽(仮名)…!?」

西山「僕は、正気だよ(笑)ニヤニヤ。人を楽しませるのが僕の使命さっ!ニヤリ」

 

そう言って、わざわざ僕の部屋の中まで入ってきて

よく意味のわからないダンスを踊りまくる西山太陽

西山「土曜日の夜にフィーバー!フォー!」

 

うん!帰ってくれないかな!!

 

西山「なにをポカンとした顔で見ているんだね光くん!辛い時は辛さを吹き飛ばすくらい踊らなければっっつ!さあっつ!Let’s danceing!フォーーっ!」

 

うん!帰れっっつ!!今すぐ!!!

 

西山「うっわ、何青筋立ててイライラしているの?空気悪いわ~」

 

あんたが空気悪くさせてるんだよっ!

 

西山「わかったわかった、一回空気を入れ替えよう」

そう言って彼は勝手に僕の部屋の窓を開けた

 

刹那

 

入り混んで来る数匹の「蛾」

上がる野太い悲鳴、

稲妻のごとき速さで居なくなる西山太陽。

そう彼は「蛾」が苦手なのだ

ようやく解放される僕

よかった、ようやく帰ってくれた。

 

そう思っていた矢先。

 

フォーーー!フォーーー!

と聞こえる謎の声

フォーーー!フォーーー!

そう言って近づいてくる声、これは間違いない! 

ヤツだ!ヤツが来たんだ!!西山太陽だ!!!

奇声と共に帰って来た西山太陽の両手には

殺虫剤が固く握られていた。

 

西山「喰らえーー~っ!」

僕の部屋の中で殺虫剤のトリガーを引く

打ち出される殺虫ガス

だが、蛾達はことごとく交わし逃げる。そして、安全地帯を求めて僕の身体に逃げ着いた。

西山「追い詰めたぞっ‥往生しやがれぃーー!」

僕「おい、まte‥」

ブワーーーー!!!!

僕の声を遮り、思いっきり、ダブルスプレーで殺虫ガスを僕の顔にぶちかます西山太陽

西山「‥勝ったニヤリ」

‥何に勝ったんだよ‥ここまで歯の痛みにも、嫌がらせにも、虫の侵入も耐えて来た僕であったが、、ついに堪忍袋の緒が切れた。

 

 

…ブチン…

僕「キサマ、いいかげんにしろ」

その瞬間、野性的本能で危険を察した西山太陽は瞬く間に逃げ出す!

僕「ニガ、、サン、、!!」

顔が殺虫剤で真っ白になった僕は、冷静に、だが確実に西山を追う。

無表情な、白い顔で。

西山「ヤバい!皆助けてっ!これはっまじでっ!!ごめんてーーー!だれかあぁああーーー!

西山「うわああああぁぁぁあーーーー‥‥」

 

 

その後一週間ほど、西山太陽を見たものはいない。

 

 

蝶の羽ばたきで嵐が起きるかは分かりませんが

蛾の羽ばたきで嵐は起こる事を僕は知っています。

これも

「バタフライエフェクト」の一つかも知れませんね!

知らんけど(笑)

 

良い子の皆!人体に有害だから人の顔に殺虫剤をかけてはいけないゾ!!

以上光クンからでした♪今回も読んでくれて、ありがとう(^o^ゞ!

また、次回っ!!