ウシロヤスコ

ウシロの日々「映画みたいな文章を書きたい」

2022.08.06

夏だというのにとても涼しい1日だった。

夕刻、ベランダに出て、

世界の色が再び消えいくのを眺めていたら、

夜空の端っこでお祭りの花火が上がった。

とても遠く、小さかったけれど、

どどんと胸に響き渡った。

 

「かき氷はあまり売れなかっただろうな。」

 

そんな事を思って、ふっと笑った。

 

 

さぁ、何色のシロップをかけようか。

 

今はわくわく待てばいい。

氷をゴリゴリ掻き回しながら。

 

何色のシロップをかけようか。

 

今はただ無色の冷たいやつ。

 

 

 

2022.08.06.

ウシロヤスコ